• 仮想通貨
    仮想通貨“イーサリアム”を創った24歳「コインチェック流出」を語る
    2018年3月31日
  • 社会問題
    密輸事件の金塊、押収された後はどうなる?(高垣麗子の夫の金塊はどこへ)
    2018年3月14日
  • IT・情報サービス
    インスタグラムで個人情報が流出する可能性?位置情報の設定に注意
    2019年1月11日
  • ベンチャーキャピタル
    6億2000万円でWEBサイトをM&A売却!そのノウハウを起業家&投資家マッチングサイトで公開
    2018年7月5日
  • 社会問題
    スピード違反の罰金、払わないほうが得をするという「理不尽」
    2018年3月7日
  • IT・情報サービス
    LINEの「トークルーム情報」は何を収集しているのか?
    2019年1月11日
  • 仮想通貨
    仮想通貨で“ペット”を取引して億万長者?今、熱い視線が注がれる「Bitpet」「crypto kitties」とは
    2018年3月17日
  • 事件
    【動画記事】人気ブランドSupremeの行列で集団暴行。武器を持った客がシュプリーム関係者を集団リンチ!
    2018年3月10日
  • ベンチャーキャピタル
    【1000万円獲得成功!】美容医療SNSのMeilyが「エンジェル投資家に「大金ください」と言ったらヤバイことになった」
    2018年12月27日
  • 事件
    SGC SUPER LIVE IN JAPAN 2017(株式会社インテックス)が事件後に名前を変えて再出発(JKTエンターテイメント株式会社)に。
    2018年4月16日
  • 仮想通貨
    マウントゴックス事件犯人は社長?逮捕とその後の裁判
    2018年3月5日
  • 社会問題
    死んだらブログやSNSはどうなるの?故人サイトの専門家に聞いてみた。
    2018年3月13日
仮想通貨で“ペット”を取引して億万長者?今、熱い視線が注がれる「Bitpet」「crypto kitties」とは

先日、ようやくコインチェック社のNEMコイン盗難事件にまつわる一連の補償が始まった。ブロックチェーン技術、そして仮想通貨が一般に広まろうとした矢先のあの大事件は、世界中の仮想通貨利用者に大きな衝撃を与えた。ただ、だからと言って仮想通貨という革命的な存在とその価値が失われてしまったわけじゃない。目まぐるしく進化を続けるこのテクノロジーの波の中で新たなる潮流と目されているのが「Dapps」と呼ばれるゲーム(もといアプリケーション)の存在だ。

非中央集権的アプリケーション「Dapps」とは

 仮想通貨、ブロックチェーンを巡る界隈の新陳代謝は、近年のテッキーなトピックにおいても異常なほど早い。新たな通貨が生まれ、そして利用方法が議論され、Webサービスやアプリケーションという形で次々に具現化し、氾濫、そして陳腐化していく。そんな中でも今もっとも熱いのが「Dapps」(Decentralized Applications)と呼ばれるブロックチェーン技術を用いた非中央集権的なアプリだ。「Dapps」と呼ばれるためにはいくつかの要件がある。まずは「オープンソースであること」次にサービス内で流通可能な「トークンを利用し、そしてそのトークンで参加者に報酬が支払われること」さらに「ユーザーの改善要求によってサービスが改善されること」この3つが揃って初めて「Dapps」と呼ぶことができるとされている。ややこしいが広義の意味では「ビットコイン」もDappsの一つとなる。その中でも、とりわけ熱い視線が注がれているのが仮想通貨イーサリアムに代表される特徴でもある「スマートコントラクト」を活用したDappsだ。

世界を変える「スマートコントラクト」

 スマートコントラクトは名前の通り、契約をスマートに行うことができる仕組み。イーサリアムという通貨には様々な契約情報を記録しておくことができ、例えば特定条件下での支払い要求やその回収などを人が介在することなく、自動で行うことができる。通貨を利用した不正ができないのはもちろん、仲介者や管理者のいらない非中央集権的な個人間でのやり取りもより効率化され、世界のあらゆる商環境を変えていくとされていて、現在はより有効的な活用方法をあらゆる形で模索している段階と言える。

Dappsドリーム? “猫”の販売だけで1000万円以上も

 そんなイーサリアムが持つスマートコントラクトの仕組みを活用したDappsアプリの分野は現在急激に成長を続けている。中でも代表的なゲームが「crypto kitties」だ。この crypto kittiesは現在150万人以上が利用し、ローンチから1日で100万ドルものトランザクションを生み出した。昨年11月から数え、すでに4000万ドル以上の流通が起こり、ビットコインの次に人気が高いイーサリアムの取引全体の30%を占めると言われている。果たしてそんなわずかな期間で莫大な利益を生み出すゲームとは一体なんなのか。そう、Crypto kittiesは「猫を売買」するだけのゲーム。ただ、猫を集めて売買するだけのゲームだ。

イーサリアムで子猫を購入し、購入した猫のレアリティが高い個体であれば高く売買することができる。まるでポケモンかたまごっちからバトルの要素を取り除いて売買ができるようになったそんなゲームだ。実際に猫のデータを販売するだけで1000万円以上稼ぎ出すユーザーも出ているあたり、相当な熱狂ぶりがうかがえる。
Bitpetをはじめてみよう

前述した通り、仮想通貨周りの新陳代謝は早い。だから、次期crypto kittiesになるかもしれないゲームも早速出現し始めている。それがつい先日3月2日ローンチされた「Bitpet」

Bitpetもcrypto kittiesと同じようにペットを育成し、販売していくゲームだ。  プレイヤーはまず「ランダムボックス」というガチャ的なものに課金して(もちろんイーサリアムで支払う)ペットを購入。購入したペットは合成することで、さらにそのレアリティを高めていくことができる。もしレアな個体をサクッと手に入れたいのであればペットのオークションも開催されているから、資本力にものを言わせてそこでレア物を手に入れることも可能だ。プラットフォーム内でのレア個体の販売価格を見てみると1000万円以上で販売されている個体も。強化と合成を繰り返して珍しい個体を作ることができれば、Bitpetブリーダーとして食べていくこともできそうだ。Bitpetは今後の開発予定として3月の下旬に「レース機能」の実装を発表している。足の速い個体を作り、レースに勝てばそれでも報酬を獲得できるという仕組みだ。これによってより市場が活気づくのは間違いない。

Dappsを取り巻く市場の今後

数百円分のガチャで運が良ければ数万円から数千万円を稼ぐことができるこうしたDappsゲームは、パチンコ産業が盛況な世界有数のギャンブル大国・日本の体質によく合っている。さらに言えば日本人は、一昔前のネットでも見られたように、アメーバピグやモバゲーなど、本来であれば「無」であるデータ上の装飾品で着飾ることで、高まる競争心と承認欲求を満たすのが好きな性分だ。ただ仮想通貨周りに飛び込むには多少のリテラシーが必要であるため爆発的な普及は難しいかもしれない。今後、さらに仮想通貨への理解が深まり、参入のハードルが下がることになれば本当にこれらのゲームだけで生計を立てる人も増えてくる可能性もありそうだ。

未だ、国産のDappsゲームは登場していない。それ故、DeNAやサイバーエージェントなどソーシャルゲームのナレッジと開発力が潤沢な国産企業が参入することで、その普及に一気に拍車がかかりそうだ。おそらく日本のデベロッパーも何らかの仕込みを行っているに違いない。大手による開発競争が進むことは、育成や売買などに止まっているゲーム自体の可能性を広げることでもある。先日、GoogleマップのデータがAPIとしてゲーム開発者に公開されたが、それらと組み合わせることでAR×Dappsが生まれる可能性は非常に高い。「Ingressにおけるポータルをゲーム上のトークンで買収しハックする」なんて、今後現れそうな未来のゲームに思いを馳せるだけでもちょっとワクワクしてしまう。もし、そんなDappsゲームに興味があるのなら、まずは猫の売買あたりからはじめてみるのが良さそうだ。

関連キーワード
仮想通貨の関連記事
  • コインチェックのNEM不正流出事件に北朝鮮の犯罪グループが関与
  • ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」2月13日より領地アセット「ランド」の世界同時販売を開始!
  • ビットコインを配布できるリアルウォレットサービス”Wodca”第三者割当増資による資金調達を実施
  • 日本の仮想通貨専門メディア初!CoinPost、Dow Jones(ダウ・ジョーンズ)「Factiva(ファクティバ)」への配信開始
  • 素人アイドルが3カ月で100万円以上の収益!?前回は収益1億円以上の確定申告は331人だったが…
  • 仮想通貨税務の専門チームAerial Partners、仮想通貨取引所を運営するQUOINEと業務提携
おすすめの記事