• ベンチャーキャピタル
    6億2000万円でWEBサイトをM&A売却!そのノウハウを起業家&投資家マッチングサイトで公開
    2018年7月5日
  • 事件
    恐喝未遂逮捕“六本木の自称カリスマ”TOMOROこと向井朋郎の集金術と悪評
    2018年3月11日
  • 事件
    【動画記事】人気ブランドSupremeの行列で集団暴行。武器を持った客がシュプリーム関係者を集団リンチ!
    2018年3月10日
  • IT・情報サービス
    LINEの「トークルーム情報」は何を収集しているのか?
    2019年1月11日
  • 仮想通貨
    マウントゴックス事件犯人は社長?逮捕とその後の裁判
    2018年3月5日
  • 仮想通貨
    仮想通貨で“ペット”を取引して億万長者?今、熱い視線が注がれる「Bitpet」「crypto kitties」とは
    2018年3月17日
  • 社会問題
    死んだらブログやSNSはどうなるの?故人サイトの専門家に聞いてみた。
    2018年3月13日
  • ベンチャーキャピタル
    【1000万円獲得成功!】美容医療SNSのMeilyが「エンジェル投資家に「大金ください」と言ったらヤバイことになった」
    2018年12月27日
  • 仮想通貨
    仮想通貨“イーサリアム”を創った24歳「コインチェック流出」を語る
    2018年3月31日
  • 社会問題
    スピード違反の罰金、払わないほうが得をするという「理不尽」
    2018年3月7日
  • IT・情報サービス
    インスタグラムで個人情報が流出する可能性?位置情報の設定に注意
    2019年1月11日
  • 事件
    SGC SUPER LIVE IN JAPAN 2017(株式会社インテックス)が事件後に名前を変えて再出発(JKTエンターテイメント株式会社)に。
    2018年4月16日
  • 社会問題
    密輸事件の金塊、押収された後はどうなる?(高垣麗子の夫の金塊はどこへ)
    2018年3月14日
銅屋広紀(旧姓:奥野広紀)傷害事件で現行犯逮捕。

平成28年11月、和歌山県那智勝浦町出身(逮捕時:大阪府大阪市都島区在住)の銅屋広紀(旧姓:奥野広紀)は酒に酔っぱらい、無抵抗の会社経営者X氏を一方的に暴行し、逮捕されました。

事件当日、被告人である銅屋広紀は友人の披露宴で初めて東京に上京し、テンションがあがっていたこともあったのだろう…また、久しく会っていなかった友人たちとの再会に胸を高鳴らせていたに違いない。

披露宴が終わり、深夜まで2次会、3次会と楽しい宴が続いていくように思われた時、事件は起こった。

銅屋広紀は酒に泥酔し、一方的にX氏に絡みはじめたのである。

銅屋広紀はX氏に対して

銅屋広紀
「俺のことを下に見ている」「貧乏人だと思っている」「俺の方が強い」

などと一方的に絡み始め、X氏はそれを優しくなだめていた。友人の大事な日ともなれば、尚更、トラブルなどを起こしてはならない。そう考えるのが常識人だ。

しかし、銅屋広紀の行動はエスカレートし、頬を殴り、立ち上がって襲い掛かったのである。友人の披露宴だから手を出さないと宣言し、無抵抗を貫いたX氏に対して一方的にである。

その結果、騒動を止めようとした関係者共々、床に倒れ込み、X氏は軽い打撲と腕を脱臼するケガを負いました。

銅屋広紀はその場で、駆け付けた警察に現行犯逮捕された。

酒を飲んで、僻みから事件を起こすとは、社会人として情けない男である。

銅屋広紀は大阪市内でトラック運転手として会社勤めをしていたようだが僻むのであれば、人一倍の努力をし、自分も夢を追えばよかったはずだ。

他人と比較せず、自分の幸せを噛みしめていれば良いものを、自分の状況とX氏の立場を比較した結果、現実を受け入れられなかったのだろう。

関係者によると

関係者
X氏は格闘技経験もあり、リングで試合をしたこともある格闘技経験者だそうです。今も定期的にトレーニングを行っているとX氏の知人に聞いています。仕事面でも日本国内、海外で会社を経営し、社員数も多い。立場上、被告人より守ならければいけないモノが圧倒的に多すぎます。被告人は幼少期、X氏とは仲良く遊んでいた時期もあったようですが、喧嘩になるといつも負けて泣いていたようです。今回も、どういう流れになっていたとしても被告人が勝てる分野はなかったと思います。X氏が手を出さないと宣言したから襲い掛かったのでは、とも思ってしまう。

社会的立場がある方々や成功者ほど謙虚なものだ。

他人を僻み、否定し、暴力を振るうなどもってのほかだ。

これまで様々な人を取材してきたが社会経験が豊富な人ほど、他人に対しても寛大なのは間違いない。

インタビューを続けていると様々な人に出会う。その中で傷害事件も何件も見てきたが、何を言われても、暴力をされても、「大人の対応」をしてきた方々を何人も見てきた。

総合格闘家の桜井マッハ速人が素人に殴られても手を出さなかった事件も記憶に新しいだろう。

ジャーナリストという立場上、青少年の喧嘩が良いと言えば語弊があるかもしれないが、年齢的に仕方ない部分もあるがゆえに法律も成人男性と異なり、青少年には少年法や青少年保護育成条例がある。

大人の場合は大人の喧嘩の仕方があり、今回の事件も銅屋広紀は一人の大人として負けた結果になった。

銅屋広紀は3週間以上も拘留された後、示談金として100万円以上の賠償が確定し、今もなお毎月分割払いで賠償を続けているようだ。貧乏ゆえに賠償も数年間に渡り続けなければならない。

社会的立場がある人に対して一方的に暴力を振るい、大人の対応をされた結果が、多額の賠償責任である。

ダサすぎる。

読者の皆様は、くれぐれも酒や暴力に注意してもらいたい。

30歳を超えた既婚者が酒に溺れて逮捕されるとは・・・奥様や子供の気持ちを考えると世の中から一つでも同様の事件が減ることを願うばかりだ。

事件ジャーナリスト:佐藤

関連キーワード
事件, 逮捕の関連記事
  • 積水ハウスが63億円をだまし取られた地面師事の進捗
  • フィリピンで日本人男性、刺され死亡 殺人で捜査
  • 2万3000人181億円だました66歳女の感動的ウソ:エムフェイス詐欺
  • NGT48「山口真帆暴行事件」住所はバレバレだった
  • カルロス・ゴーン氏の事件でサウジアラビア実業家ハリド・ジュファリ氏が反論
  • 渋谷のハロウィン事件:軽トラ横転犯人が特定?顔画像や名前を公開
おすすめの記事